新卒採用サイト

PEOPLE

「全力でぶつかった経験を
部下や後輩にも伝えていきたい」

井丸 大輔営業部 | 専修大学 商学部出身

東京都内・近郊に店舗のある小売店・問屋を中心に店舗やバイヤーへの営業活動。提案書類作成などの営業アシスタント業務。

あなたの仕事は
どんな位置付けをもつ業務ですか?

日本市場の中心である東京に店舗を構える小売店への商品販売が主な仕事です。キャラクターに特化した店舗が多いため、人気キャラクターだけでなく、多くのキャラクター商品をいろいろな店舗で手にとっていただけるよう、商品をPRする業務だと感じています。私の仕事は、東京支社内で先輩の営業アシスタントを担当、社内書類等のまとめなど、上司・先輩の仕事がスムーズに進むよう、細かい作業を率先して行うよう心がけています。

印象に残っているエピソードは?

自分の提案で今まで全く取り組みができていなかったところにいろんなキャラクターが一気に決まった時は、とても嬉しかったです。人気のキャラクターだけでなく、全般を取り扱っていただいたことも自分自身うまくできたと自負しています。また、現在も常に商品のリピートをいただけている関係が築けたことです。

どんな学生時代を過ごしましたか?

学生時代、特に印象に残っているは飲食店でのアルバイトです。大学の人間関係は同世代が多く、共感され、できることが多かったのに比べ、アルバイトではいろいろな年代のお客様と接する機会がたくさんあり、「人それぞれ違った角度からの見方や意見があること、自分の意見を持ち相手のことも理解する必要がある」そういった考え方を持つきっかけになりました。

これから挑戦していきたいことは?

どこの店舗に足を運んでも丸眞の商品があるような会社したいです。キャラクターはみんなに愛される存在です。落ち込んでいる人も好きなキャラクターを目にすると元気になります。そんな商品を、よりたくさんの人に届けたいと思っています。キャラクターを扱っている会社だからこそ、いろいろな人を元気にできる力もあると思います。
また、将来は自分の子供に「子供の好きなキャラクター商品を扱っている親」として自慢できるような人になりたいです。

プライベートで今一番楽しいこと

毎週末、草野球の試合をしているときが今一番楽しいときです。小学生の時から続けている野球を、休日にプレイすると気持ちがリフレッシュできます。
また、30~60代の人たちと一緒にやっているので、普段関わりのない人との関わり合いもあり、とても楽しく過ごしています。

MESSAGE

入社の決め手はココ

私は日用品を通していろいろな人を元気に、幸せにできるような商品を扱っている会社で働きたいと考えていました。その中でもタオルは日用品の中でも必需品ですし、一度は必ず見たことのあるキャラクターを多く扱っている丸眞にとても魅力を感じ入社を決めました。

  • 01
    “丸眞”を、誰もが知る繊維ブランドに育てていく!

    営業部 課長

    塚本 芽来美

  • 02
    丸眞を100年企業に!経営幹部として邁進することが私のビジョン

    海外事業部/経営企画室 課長

    児玉 祥子

  • 03
    現状に満足せず、向上心を持ちトップを目指す

    営業部 主任

    榎田 潤

  • 04
    消費者の手に接触れるものづくりがしたい

    商品部デザイナー 主任

    髙沢 千夏

  • 05
    全国の売り場で、シェア100%を目指す!

    商品部バイヤー チーフ

    平下 昴哉

  • 06
    全力でぶつかった経験を部下や後輩にも伝えていきたい

    営業部

    井丸 大輔